運転中に「セミが顔を直撃」して事故 米オハイオ州

警察によれば、運転手は開けた窓から入ってきたセミが顔に当たったため事故が起きたと説明している/Cincinnati Police Department

警察によれば、運転手は開けた窓から入ってきたセミが顔に当たったため事故が起きたと説明している/Cincinnati Police Department

(CNN) 米中西部オハイオ州シンシナティの道路上で乗用車が路肩のポールに衝突する事故があり、運転していた男性は警察に「セミが顔に当たった」と説明した。

シンシナティ警察のツイートによると、ドライバーにけがはなかった。本人は、開けてあった窓からセミが入ってきたと供述した。

警察が投稿した動画には、衝突後の現場で警官らがドライバーと話す場面が映っている。

動画では警官の1人が周囲の人々に、自分のパトカーでも車内にセミが引っ掛かっているとして、ドライバーの説明は信用できそうだと話している。

男性の400メートルほど後ろを走っていたドライバーの目撃談によると、無謀な運転ではなかったが急に路肩へそれたという。警察によれば、男性は終始潔い態度で調べに応じていた。

米中西部から東海岸にかけての地域ではこのところ、セミが17年ぶりに大量発生。生中継の準備中に1匹が記者の首元に止まったり、ホワイトハウス記者団のチャーター機が出発を遅らせたりする影響が起きているが、今月下旬から来月上旬までには収まる見通しだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]