ハイキングコースに男児の遺体、警察が協力呼び掛け 米ラスベガス近郊

身元不明の男児の遺体見つかる 米

(CNN) 米ネバダ州ラスベガス近郊のハイキングコースで先週、男児の遺体が見つかり、現地警察が身元を調べている。警察はデジタル加工でわかりやすくした男児の写真を新たに公開し、市民に情報提供を求めた。

男児は5月28日午前8時前、ラスベガス市街から南西へ約40キロ離れたハイキングコース沿いの林の中に横たわっているのを、ハイカーに発見された。通報を受けて出動した医療スタッフが現場で死亡を確認した。けがの状態は公表されていない。死因は地元検視当局から発表される予定。

警察によると、男児は8~12歳とみられ、身長約150センチ、体重約56キロ。遺体が見つかった場所からみて、ラスベガスやその近郊に住んでいた可能性がある。

最初に男児の似顔絵が公開された後、女性が自分の息子(8)だと申し出て、遺体の写真から本人だと確認した。ところが29日午前、警察が記者会見を開いた後で、女性の息子は携帯電話の電波が届かないユタ州の遠隔地で父、兄(11)とキャンプ中との情報が寄せられた。警察が調べたところ、3人とも無事が確認された。

警察は改めて捜査への協力を呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]