民間業者の戦闘機が墜落、操縦士死亡 米ネバダ州の空軍基地

戦闘機の墜落を調べる米兵=24日、米ネバダ州州ラスベガス近郊/L.E. Baskow/AP

戦闘機の墜落を調べる米兵=24日、米ネバダ州州ラスベガス近郊/L.E. Baskow/AP

(CNN) 米ネバダ州ラスベガス近郊にあるネリス空軍基地の南側で24日、民間業者の戦闘機が墜落し、操縦士が死亡した。

墜落したのは仏航空機メーカー、ダッソー製のミラージュF1。米フロリダ州の企業が2015年以降、訓練の敵機役として同基地に提供している戦闘機のひとつだ。

同機は基地から離陸した後、午後2時30分ごろに墜落した。国家運輸安全委員会(NTSB)が詳しく調べている。

操縦士以外に搭乗者はいなかった。墜落原因や地上での被害などについての情報は入っていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]