川で置き去りにされた移民の子ども2人、国境警備隊が救出 米テキサス州

川で置き去りにされた移民の子ども2人、米国境警備隊が救出

(CNN) 米テキサス州を流れるリオグランデ川で、中米ホンジュラス国籍の子ども2人が米国境警備隊に救出された。中南米から米国を目指す移民が増え続ける中で、子どもたちが危険にさらされている実態が改めて浮き彫りになった。

救出されたのは7歳と13歳の男の子で、リオグランデ川をエアボートでパトロールしていた国境警備隊員が15日、急流に囲まれた中州に残っている小さな手形と足跡を発見。不審に思って足跡をたどったところ、子ども2人を見つけた。

近付いてくる警備隊員を見た子どもたちは、川に入ってボートに到達しようとしたが隊員に止められた。隊員はボートで近づき、2人を引き上げて無事救出した。2人は兄弟や親類ではなかった。

2人はメキシコで母親と離れ離れになり、米国の国境越えを手助けするという男性と出会ったが、河川敷に取り残されたと話しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]