アジア系に対する暴力や嫌がらせ、2カ月で500件超す報告 米団体

アジア系への暴力に対して訴える人々=13日、米カリフォルニア州ロサンゼルス、全米日系人博物館/RINGO CHIU/AFP via Getty Images

アジア系への暴力に対して訴える人々=13日、米カリフォルニア州ロサンゼルス、全米日系人博物館/RINGO CHIU/AFP via Getty Images

(CNN) 米国のアジア・太平洋諸島系(AAPI)住民に対する暴力や嫌がらせ事案を調査している団体「ストップAAPIヘイト」は16日、同団体に寄せられた被害報告が昨年3月以来、少なくとも3795件に上ったと発表した。

同団体は昨年3月19日からAAPIに対する暴力や嫌がらせに関する統計を取り始め、同年末までに全50州と首都ワシントンから計3292件の被害報告が寄せられた。今年1月1日から2月28日までに寄せられた報告は少なくとも503件に上った。

同団体のウェブサイトを通じて寄せられた報告は、米国で起きているヘイト事案のごく一部にすぎないとしながらも、この数字は反アジア感情が今もはびこっていることを物語ると同団体は指摘する。

「ヘイト事案は減っていない。我々はアジア系米国人に対する憎悪を新型コロナウイルスや前政権のレガシーにしてはならない。だが具体的な行動を要求しなければ確実にそれが起きる」。同団体共同創設者のラッセル・ヨング・サンフランシスコ州立大学教授はそう訴える。

寄せられた被害報告のうち約68%は言葉による嫌がらせで、遠ざけられたりのけ者にされたりしたという訴えは約20.5%、身体的暴行を伴う事案は約11%だった。

発生場所は商店や事業所が35.4%、公道が25.3%、公園が9.8%。約11%はインターネットが絡んでいた。

被害報告を寄せたのは中国系が42.2%で最も多く、続いて韓国系14.8%、ベトナム系8.5%、フィリピン系7.9%の順だった。

米国ではここ数カ月の間にカリフォルニア州やニューヨーク州でアジア系住民が暴行される事件が相次ぎ、重傷者や死者も出ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]