ホワイトハウス広報部長が辞任、大統領選から1カ月

ホワイトハウス西棟前でテレビインタビューに応じるアリッサ・ファラー氏=10月6日/Oliver Contreras/Sipa USA/AP

ホワイトハウス西棟前でテレビインタビューに応じるアリッサ・ファラー氏=10月6日/Oliver Contreras/Sipa USA/AP

(CNN) 米ホワイトハウスのアリッサ・ファラー広報部長が4日までに辞任した。大統領選から1カ月のタイミングでの退任となった。

ファラー氏は声明で、「新たな機会を求めてホワイトハウスを離れる」「3年半にわたりトランプ政権で仕事ができたことは人生の誇りだ」と述べた。

ファラー氏は今年4月にホワイトハウスの広報チームに加わった。以前の上司だったマーク・メドウズ氏が首席補佐官に就任したタイミングだった。

広報部長として、ファラー氏はホワイトハウスの新型コロナウイルス対策チームの広報を取り仕切った。ワクチンの開発促進を目指した「ワープスピード作戦」のチームと働けたことは光栄だったとも語った。

ファラー氏はトランプ政権下で最初はペンス副大統領の報道官、その後は国防総省の報道官を務めた。国防総省報道官としては史上最年少だった。

ファラー氏はそれ以前に共和党下院議員の「自由議員連盟」で報道官や上級顧問を務めていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]