外国指導者からバイデン氏へのメッセージ、米国務省で「停滞」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
諸外国から送られてきたバイデン氏へのメッセージが米国務省で停滞していることがわかった/Getty Images

諸外国から送られてきたバイデン氏へのメッセージが米国務省で停滞していることがわかった/Getty Images

ワシントン(CNN) 米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領に送られた外国指導者からのメッセージが大量にたまっているものの、トランプ政権がそれらを入手できないようにしていることがわかった。国務省の情報筋が明らかにした。

国務省は伝統的に次期大統領に対する全ての情報のやり取りを支援するため、週末に国務省に対して多くの国々からメッセージが届き始めた。しかし、トランプ大統領が選挙戦の敗北を認めていないことから、バイデン氏は国務省のリソースの利用をトランプ政権によって阻まれており、数十件のメッセージを受け取れていない。

バイデン氏の政権移行チームは独自に外国政府と連絡を取っており、バイデン氏は、メルケル独首相やトルドー加首相らと電話会談を行った。

バイデン氏はメッセージを受け取れなかったり、国務省の支援を受けられなかったりするだけではない。ポンペオ国務長官は10日、バイデン氏の勝利を認めない姿勢を示して、「2期目のトランプ政権に向けた円滑な移行があるだろう」と発言した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]