トランプ大統領集会の上空に小型機侵入、米軍戦闘機が緊急発進

米アリゾナ州でのトランプ氏の集会で小型機が上空を飛び米軍の戦闘機が緊急発進した/BRENDAN SMIALOWSKI/AFP/Getty Images

米アリゾナ州でのトランプ氏の集会で小型機が上空を飛び米軍の戦闘機が緊急発進した/BRENDAN SMIALOWSKI/AFP/Getty Images

(CNN) 米アリゾナ州ブルヘッドシティーで28日に開かれていたトランプ大統領の選挙集会で、上空の制限空域に小型機が侵入し、米軍の戦闘機が緊急発進した。

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)によると、現地時間の28日午後2時ごろ、ブルヘッドシティー上空の一時的制限空域に、管制塔と通信していない航空機1機が許可なく侵入したため、F16戦闘機に調査を指示した。

侵入した小型機は、当初応答しなかったが、戦闘機が信号弾を発信すると通信を確立し、戦闘機の誘導に従って制限区域外へ出た。

集会を取材していたCNN取材班には小型機の姿は見えなかったが戦闘機の音は聞こえ、集会の参加者もざわついていた。

トランプ大統領は上空の戦闘機に不意を突かれた様子だったが、自らの軍事費拠出を誇示して「あの音が大好きだ」と語り、「私がどうやってあれを手に入れたのか、あなた方は知らないだろう。あの資金は民主党から手に入れなければならなかった」と強調。戦闘機は自分のためにそれを誇示しようとしてくれていると述べ、信号弾については自身のための「ちょっとしたディスプレー」と形容した。

参加者からは「U・S・A」の歓声が上がり、「あれこそ自由の音だ」と叫ぶ男性もいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]