トランプ氏、退院後初インタビューで激しい批判 ハリス氏を「モンスター」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ氏、ハリス氏を「モンスター」 インタビューで激しい批判 

(CNN) トランプ米大統領は8日、新型コロナウイルス感染による入退院後で初となるインタビューに応じた。民主党の副大統領候補、ハリス上院議員を「モンスター」と呼ぶなど対立陣営を激しく批判する一方で、自身の回復ぶりを危険なまでに誇張した。

トランプ氏はホワイトハウスの居住区画から電話でFOXビジネスのインタビューに応じた。トランプ氏は依然、コロナ治療の一環でステロイドの投与を受けている。

電話越しに聞こえるトランプ氏の声はかすれ気味だった。トランプ氏のこの日のスケジュールは空白で、退院してから3日連続で公式の活動がないとみられる。7、8両日に公開した動画では前向きな様子を見せたが、時おり息切れするような場面もあり、顔には大量のメイクを施していた。

トランプ氏はインタビューで、ハリス氏に対してマッカーシー上院議員による赤狩りを思わせる激しい批判を展開。「彼女は共産主義者だ。社会主義者ではない。社会主義者という域をはるかに超えている」とし、「国境を開放して殺人鬼や強姦(ごうかん)犯を流入させる」つもりだと主張した。

さらに、有色人種の女性として初めて主要政党の正副大統領候補となったハリス氏を2回にわたり「モンスター」と呼んだ。

トランプ氏は大統領選の世論調査で民主党候補のバイデン前副大統領に水をあけられており、なりふり構わない批判に出たとみられる。77歳のバイデン氏について4年間の任期を全うできないだろうと示唆し、根拠を示さずに「バイデンは大統領として2カ月も持たない」「知的能力がない」と主張した。

一方で、自身については健康ぶりをアピールし、「私が復帰したのは身体的に完璧で極めて若いからだ。その意味では私は幸運といえる」としている。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米大統領選2020」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]