トランプ大統領に投与、リジェネロンの「抗体カクテル」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米製薬大手リジェネロンの抗体治療薬がトランプ大統領に投与された/Kris Tripplaar/Sipa USA/AP

米製薬大手リジェネロンの抗体治療薬がトランプ大統領に投与された/Kris Tripplaar/Sipa USA/AP

(CNN) 米ホワイトハウスは2日、新型コロナウイルスに感染したトランプ大統領に対し、医師団が米製薬大手リジェネロンの抗体治療薬8グラムを投与したことを明らかにした。

リジェネロンも同治療薬を提供したことを確認。大統領の主治医から、未承認薬の人道的使用を認める「コンパッショネート使用」の要請があったと明らかにした。

この治療薬は「REGN―COV2」という名称で、同社は2つのモノクローナル抗体を組み合わせた「カクテル」と形容している。

ポリクローナル抗体が複数の異なる免疫細胞を使って作られるのに対し、モノクローナル抗体では、特定の親細胞のクローンとして作成された同一の免疫細胞を使う。

リジェネロンの研究者はモノクローナル抗体治療薬の製造に当たり、実験で新型コロナウイルスの中和に最も効果があった2つの抗体を選出。続けて、これらの抗体のクローンを作って治療薬にした。リジェネロンが2つの抗体を組み合わせているのは、ウイルスの変異に対応するために最も効果的とみているためだ。

リジェネロンは6月に同治療薬の臨床試験(治験)を開始した。

9月29日には、非入院患者275人を対象に行った後期試験の結果を発表。同治療薬の安全性が確認され、ウイルスレベルの低減や症状の改善に効果があったとみられるとしている。

治験に参加した患者はトランプ氏よりも若く、平均年齢は44歳だった。患者のうち40%以上はトランプ氏と同様に肥満で、計64%は新型コロナの重症化リスク要因を一つまたは複数持っていた。

この治験結果は査読を受けておらず、同社の声明では一部のデータしか公開されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]