コロナ重症例の一部、ネアンデルタール人由来の遺伝子と関連か 研究

ネアンデルタール人由来の遺伝子がコロナ感染症の重症化に関連する可能性があるという/Getty Images

ネアンデルタール人由来の遺伝子がコロナ感染症の重症化に関連する可能性があるという/Getty Images

(CNN) ドイツの研究チームは9月30日、新型コロナウイルス感染症の重症例の一部について、ネアンデルタール人から受け継がれた遺伝子が関連している可能性があるとの研究結果を発表した。

ネアンデルタール人の遺伝子の専門家らは今回、コロナ重症例との関連が指摘されるDNA鎖を調査。そのうえで、ネアンデルタール人から欧州人やアジア人に受け継がれたDNA配列と比較した。

このDNA鎖は3番染色体の上で見つかる。新型コロナの重症化には、この配列の中の特定の多様性(バリエーション)が関連しているとみられている。

マックス・プランク進化人類学研究所のスバンテ・ペーボ氏とヒューゴ・ゼバーグ氏は科学誌ネイチャーに掲載された論文で、重症化リスクをもたらす遺伝子はネアンデルタール人から受け継がれたものだと説明。南アジア人の約50%、欧州人の約16%がこの遺伝子を持つと指摘した。

ゼバーグ氏の声明によると、調査の結果、この遺伝子多様体(バリアント)は現生人類が6万年あまり前にネアンデルタール人と交配した際に受け継いだことが判明。この多様体を持つ人が新型コロナウイルスに感染した場合、人工呼吸を必要とする可能性が3倍に増えるという。

これまでの研究で、現生人類は数万年前にネアンデルタール人や近縁のデニソワ人と交雑したことが示されている。欧州人やアジア人のDNAのうち、約2%はネアンデルタール人にさかのぼることができると推定されている。

研究チームは「現時点では、ネアンデルタール人由来の遺伝子領域のどの特徴が新型コロナ感染症の重症化リスクをもたらすのか、こうした特徴の影響が新型コロナウイルスや他のコロナウイルス、あるいは他の病原体に特有のものなのかは分かっていない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]