トランプ氏宛ての毒入り小包事件、容疑者の女を逮捕

トランプ大統領宛てに送付された小包から猛毒のリシンが検出された事件で、容疑者の女が逮捕された/WIN MCNAMEE/GETTY IMAGES

トランプ大統領宛てに送付された小包から猛毒のリシンが検出された事件で、容疑者の女が逮捕された/WIN MCNAMEE/GETTY IMAGES

(CNN) 米国のトランプ大統領宛てに送付された小包から猛毒のリシンが検出された事件で、容疑者の女がカナダから国境を越えて米国に入国しようとしたところで逮捕された。米司法当局が明らかにした。

米司法当局によると、女は銃を所持しており、米当局によって逮捕された。首都ワシントンの連邦検察が取り調べを行う見通し。

リシンが入った小包は数日前にトランプ大統領宛てに送付され、司法当局が阻止していた。捜査当局は、この小包がカナダから発送されたとみて調べていた。

リシンの存在は2度の検査で確認された。ホワイトハウス宛ての郵便物は全て、場外の施設で事前に仕分けや検査を行ったうえでホワイトハウスに届けられる。

カナダ連邦警察は20日、「逮捕に関するいかなる報道についても、声明を発表したり肯定・否定したりする立場にない」とコメントした。同警察は19日の時点で、米連邦捜査局(FBI)と連携して捜査に当たっていることを確認していた。

米司法当局者によると、似たような小包はテキサス州の複数の住所宛てにも郵送されており、こちらもカナダの同じ差出人との関係が指摘されている。

カナダ公安省の広報は19日、CNNの取材に対し、「複数の米連邦政府機関宛てに送付されたリシンの入った小包の情報については認識している」と述べ、「カナダの司法当局は、米当局と緊密に連携している」とコメントした。

リシンはトウゴマの実から抽出される毒性の高い合成物質で、ごく少量でも摂取すれば死に至ることがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]