米カリフォルニア州、全域で屋内活動禁止 再開中断の州は半数以上

7月9日のニューオーリンズの様子。同市ではいったん一部の制限が緩和されたものの、感染者や入院患者は増加傾向にある/Gerald Herbert/AP

7月9日のニューオーリンズの様子。同市ではいったん一部の制限が緩和されたものの、感染者や入院患者は増加傾向にある/Gerald Herbert/AP

フロリダ州では12日、新規感染者が1万5300人と最多記録を更新した。これは世界の国別ランキングで4位に相当する人数だ。

全米で少なくとも36州が住民に何らかの形でマスク着用を促しているが、同州のデサンティス知事は義務付けに否定的な立場を貫く。

フロリダ州マイアミのスアレス市長は13日、CNNとのインタビューで、同市内では対人距離の確保やマスク着用を義務化していると強調。住民がルールに従わなければ、事態はこのまま悪化し続けると警告した。

ジョージア州ではアトランタのボトムズ市長がマスク着用を義務化し、再開プロセスを第1段階まで戻す方針を示したのに対し、ケンプ知事が「強制力はなく、法律的に施行不可能」との見解を示した。

フロリダ州マイアミビーチのゲルバー市長は、連邦当局や州当局の方針と現場の状況が完全に乖離(かいり)していると指摘する。

国内の公衆衛生政策を指揮するアダムス医務総監は12日、CBSテレビの番組で、感染拡大は2~3週間のうちに収束へ向かう可能性があると述べる一方、一定数の人がマスク着用や距離確保を守ることが前提だと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]