夏の熱波、コロナ阻止の可能性少なし 米国立保健研究所長

米研究機関トップが夏場に新型コロナ感染の勢いが衰える公算は小さいとの見方を示した/Mark Wilson/Getty Images North America/Getty Images

米研究機関トップが夏場に新型コロナ感染の勢いが衰える公算は小さいとの見方を示した/Mark Wilson/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米国立保健研究所(NIH)のフランシス・コリンズ所長は6日までに、新型コロナウイルスについて暑い夏場になっても感染の広がりが阻まれる可能性は少ないとの見方を示した。

ブログ上で述べた。「新型コロナを制御する上で気候条件は、特定の地域社会で大多数の住民に免疫があり感染への抵抗力を保持している場合に重要な季節要因に成り得る」と分析。感染症や気候モデルの専門家の知見に基づく所見とした。

その上で、「関連データの入手には明らかに数カ月間が必要」としながらも、「現在言えるのは多くの研究者は新型肺炎が夏季に静止期を迎えるとの期待感を疑問視している」ことだと主張した。

トランプ米大統領は新型コロナ拡散の初期段階で、夏の熱波は感染を遅らせると共にウイルスを消滅させる可能性があると再三言及していた。

同所長は一部の研究所の実験結果は気温や湿度の上昇は、より暑い季節に拡散が遅滞する一般的な風邪のような他のコロナウイルスと恐らく似た状態で「新型コロナウイルスの勢力を減じる」可能性を示唆したと指摘。しかし、新型コロナは別物であるとも強調した。

その上で、科学誌「サイエンス」に掲載された、新型コロナウイルス感染症が今夏にいかに拡散するかのコンピューターによる一連の模擬予測も紹介。この予測を手がけた米プリンストン大学の環境問題関連研究所のチームは新型肺炎に対する人間の現在の免疫性の欠如は今年の夏もしくは秋における急速な感染拡大の誘因になる可能性があると警告していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]