デモ参加者にコロナ検査促す、催涙弾のせき警戒も 米CDC

米CDCが国内のデモ参加者について、新型コロナの検査を受ける必要があると述べた/Oliver Douliery/AFP/Getty Images

米CDCが国内のデモ参加者について、新型コロナの検査を受ける必要があると述べた/Oliver Douliery/AFP/Getty Images

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長は6日までに、白人警官による黒人男性の暴行死事件の発覚後に全米規模で広がる抗議デモに触れ、デモ参加者が新型コロナウイルスの検査を受ける必要があるとの考えを示した。

新型コロナの対応策に関する米下院歳出委員会の公聴会で述べた。規模が大きいデモ活動が不運にも潜在的なウイルスの「種まき現場」と化しつつあると考えると指摘。特に、感染が顕著な都市圏に当てはまるとした。

「感染拡大を最小限にする方途は各個人が愛する人々を守るための防御手段を自ら講じることだ」とも説いた。

その上で同委メンバーの議員とのやり取りでデモ隊に発射される催涙弾に言及。自らの経験を踏まえ、催涙弾はせきを誘発し得ると指摘。せきは世界的な大流行が進んでいる新型コロナを含む呼吸器系ウイルスを明らかに拡散させると主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]