トランプ米大統領が中東和平案発表 「イスラエル寄り」でパレスチナ反発

トランプ氏、中東和平案を発表

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は28日、イスラエルとパレスチナの「2国家共存」を掲げる中東和平案を発表した。実際にはイスラエル側の要求をほぼ全面的に認める内容で、パレスチナ側はただちに強い反発を示した。

和平案はイスラエルがパレスチナ自治区ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地をパレスチナ側の同意なしに併合することを認めるなどの内容。

ただしイスラエルに対しては入植地での主権と引き換えに、今後4年間は入植地拡大を凍結するよう求めている。

トランプ氏はパレスチナ国家の領土が現在の2倍になると説明し、ガザ地区に近いイスラエル領内の砂漠地帯をパレスチナ領とする地図を示した。だが実際には、パレスチナは一方で、入植地を含む西岸地区の3割近くをイスラエルに引き渡すことになるとみられる。

双方が首都と主張する聖地エルサレムについては、イスラエルの「不可分の首都」と位置付け、パレスチナ国家の首都はパレスチナ側が求めてきた東エルサレムより外側のアラブ居住区に置くとした。

パレスチナ難民がイスラエル領内に帰還する権利には言及せず、パレスチナ人もイスラエル人も現在の住居を追われることはないと強調している。

トランプ氏はホワイトハウスにイスラエルのネタニヤフ首相を招き、同氏との共同会見で和平案を発表した。

トランプ氏はこの和平案を「世紀の取引」と呼び、イスラエルの安全を脅かさない「現実的な2国家共存」の提案だと述べた。ネタニヤフ氏は入植地併合に向け、今週末にも動き出す構えを示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]