日本のAV女優起用の乗車カード、批判殺到も即完売 台湾

(CNN) 台湾で日本のアダルトビデオ(AV)女優の写真を印刷した公共交通機関の乗車カードが発売され、物議を醸している。

ことの始まりは8月26日、発行元である悠遊カードが人気AV女優の波多野結衣さんの写真を使った限定版の乗車カードの発売を発表したことだ。このカードは台北市の地下鉄やバスのほか、コンビニエンスストアでの支払いにも使える。

台北タイムズによれば、この発売計画に対し世論、特に親たちや教育界、女性の権利団体から批判が巻き起こったという。

悠遊カードの40%を出資する台北市の柯文哲市長も発売に反対。特に大手コンビニで購入できることから、子どもでも簡単に手に入る点が問題視された。

そこで悠遊カードはウェブサイトで謝罪するとともに、カードの販売を電話注文のみにすると発表した。

騒ぎを受けて波多野さんも日本語と中国語で声明を出し、「私がAV女優であるため、善意あるイベントに協力し、貢献できないのでしょうか。大好きな台湾の皆様に、恩返しはできないのでしょうか」と訴えた。

このカードは白い衣装の「天使」バージョンと黒い衣装の「悪魔」の2枚セットで、限定1万5000セット。どちらにもヌード写真は使われていない。

悠遊カードによれば、問題のカードは発売日である1日の午前4時18分——つまり電話受け付け開始から4時間あまりで完売したという。カードの収益はすべて慈善活動に寄付される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]