米カリフォルニア州の高校付近で発砲、1人負傷 16歳生徒を拘束

米加州北部の高校近くで生徒が別の生徒を銃撃し、殺人未遂で逮捕された/Beth Schlanker/AP

米加州北部の高校近くで生徒が別の生徒を銃撃し、殺人未遂で逮捕された/Beth Schlanker/AP

(CNN) 米カリフォルニア州北部サンタローザにある高校の近くで22日、発砲事件があり、1人の生徒(16)が別の生徒(17)を撃ったとして殺人未遂容疑で逮捕された。

地元警察によると、逮捕された生徒は学校で被害者の生徒と口論になり、何発か発砲。このうち2発が相手に命中した。当局は当初、銃撃が校内で起きたと発表していた。

被害者の容体は安定しているという。

容疑者は凶器の拳銃をバックパックに入れ、別の人物に渡したとみられる。その後教室に戻ったところを逮捕された。バックパックを受け取った人物は現場から立ち去った。

警察は犯行に使われた拳銃と、それを持ち去った人物の行方を追っている。この人物がバックパックの中に銃があることを知っていたのかは明らかでないという。

サンタローザはサンフランシスコの北約90キロに位置している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]