歩道の岩でホームレスを阻止、住民が強硬策 米サンフランシスコ

歩道に置いた岩でホームレス対策、米サンフランシスコ

(CNN) ホームレスの急増が深刻化しているカリフォルニア州サンフランシスコで、市の対応に業を煮やした住民団体が、歩道に岩を置いてホームレスのテントを阻止する独自の強硬策に踏み切った。

CNN系列局のKGOによると、住民は半年前から市の会合に出席したり報告書を提出するなどしていたが、一向に対策が進まないことにしびれを切らしたと話している。

住民の1人は「ナイフや銃を持つ人や、けんかをする人がいて、近隣住民の迷惑になっている」と憤る。

そこで住民がお金を出し合って24個の岩を購入することになり、ホームレスのテントを阻止するための対策として歩道上に配置した。岩の購入費は24個で約2000ドル(約21万円)だった。

サンフランシスコなどのベイエリアでは住宅費が高騰し、ホームレス人口が急増している。

歩道に置かれた岩について、この地域に勤務先があるという女性はCNNの取材に「長期的な解決になるかどうかは分からない。ただ少なくとも短期的には、歩道にテントを設置させない役には立っているように見える」と語った。

別の住民は匿名で「あそこにはこれが必要。助けになっている」とコメントした。

一方、この場所を毎日通りかかるという近所の住民の女性は、「私はホームレスの現実を知っている。1つの歩道から別の歩道に移動させても解決にはならない」と指摘する。

サンフランシスコ市は岩の撤去はしない方針。市の広報は、岩をこのまま置き続けられるよう、許可する方策を探っていることを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]