テスラのパトカー、容疑者追跡中に電池切れ 米カリフォルニア州

テスラのパトカーが容疑者追跡中に電池切れを起こした/Fremont Police Department

テスラのパトカーが容疑者追跡中に電池切れを起こした/Fremont Police Department

(CNN) 米カリフォルニア州ベイエリアで容疑者の車を追跡していたテスラの電気自動車パトカーが、肝心なところで電池が切れかけるハプニングに見舞われた。

2014年のテスラ「モデルS85」を使った同州フレモント警察のパトカーは20日、サンタクララで起きた事件に関連して指名手配されていた容疑者の車を追跡していた。警官がナンバープレートを確認して車を止めさせようとしたところ、運転手はスピードを上げて走り去ったという。

警察などの無線を傍受しているBroadcastifyを通じて入手したフレモント警察の通信記録によれば、このパトカーを運転していた警官は、「テスラの電池残量があと6マイル(約10キロ)しかない。あっという間になくなってしまいそうだ」と伝えていた。

フレモント警察の広報によると、フル充電していなかった理由や、肝心な時に電池切れになってしまった理由は分かっていない。

追跡は警察の別の部隊が引き継ぎ、カリフォルニア州高速道路警察も応援に入ったが、10分後、容疑者の運転状況を見てこれ以上続けるのは危険だと判断し、追跡を打ち切った。

容疑者の車はその後、サンノゼで乗り捨てられているのが見つかった。

フレモント警察によると、テスラのパトカーは6カ月の試用期間中で、全データを記録し続けているという。

「ガソリンや充電について明記された規定はない。だがシフトに入る時点で少なくとも半分は入れておくべきという一般的な指針はある。この車もそうだった」と広報は説明する。

広報によると、今回のハプニングの後も、パトロールを目的としたテスラ車の性能に対する同警察の認識は変わっていないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]