トランプ政権、台湾への新型戦闘機売却を正式承認

トランプ政権が台湾へのF16戦闘機売却を承認/AAMIR QURESHI/AFP/Getty Images

トランプ政権が台湾へのF16戦闘機売却を承認/AAMIR QURESHI/AFP/Getty Images

(CNN) 米国務省は20日、台湾に新型のF16戦闘機66機を計80億ドル(約8500億円)で売却することを、トランプ政権が正式に承認したと発表した。

台湾への武器供与としては近年最大の規模となる。米中間で通商問題や香港のデモをめぐり緊張が高まるなか、中国からさらなる反発を招く可能性がある。

CNNはすでに複数の政権当局者や事情に詳しい関係者から、トランプ政権が売却を非公式に承認したとの情報を得ていた。

米議会では、下院外交委員会のエンゲル委員長(民主党)とマッコール議員(共和党)が先週、売却に賛同する共同声明を出すなど、与野党双方が支持を表明した。

しかし一部の当局者らは、不安定な米中関係への配慮から売却計画が撤回される可能性も指摘していた。

中国は先週、この件が報じられた時点で強く反発。外務省報道官は16日、米国は武器売却を中止しなければその結果に全責任を負うことになると警告していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]