トランプ大統領の別荘に不法侵入、女を起訴 中国旅券2通所持

トランプ大統領の別荘「マール・ア・ラーゴ」に中国のパスポートを持った女が侵入したことがわかった/Joe Raedle/Getty Images North America/Getty Images

トランプ大統領の別荘「マール・ア・ラーゴ」に中国のパスポートを持った女が侵入したことがわかった/Joe Raedle/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米フロリダ州にあるトランプ大統領の別荘「マール・ア・ラーゴ」に中国のパスポートを持った女が侵入したとして、米フロリダ州南部地区連邦検察に訴追された。検察は2日、この女が中国のパスポート2通を持っていたことを明らかにした。

検察によると、女は3月30日、係員との意思疎通ができず、マール・ア・ラーゴの敷地内に不法侵入した罪に問われている。トランプ大統領はこの日、マール・ア・ラーゴに滞在していたが、騒ぎが起きた場所にはいなかった。

女は取り押さえられ、所持品の電子機器をシークレットサービスが捜索した。女は携帯電話4台とノートパソコン1台、HDDのような機器1台、USBメモリー1個を持っており、USBメモリーからはコンピューターウイルスが見つかったという。

女は受付で、「国連中国系米国人協会」のイベントに出席すると主張したが、そうした団体は存在していなかった。

受付の通報を受けて駆け付けた係員に対し、女は国連が主催する米国と中国の親善イベントに出席すると説明し、招待状も持っていると主張。中国語だったために係員が内容を読むことはできなかったが、そうしたイベントは予定されていなかった。

女は調べに対し、「『チャールズ』という中国の友人に指示されて上海からフロリダ州を訪れ、イベントに出席して、大統領一家と米中間の経済関係について話をするつもりだった」と話しているという。

「チャールズ」については、メッセージングサービスの「微信(ウィーチャット)」でしか話したことがないと主張。マール・ア・ラーゴでは英語があまり話せない素ぶりを見せていたが、取り調べでは英語が堪能な様子を見せたとされる。

女は偽証や不法侵入の罪に問われ、1日にフロリダ州の裁判所に出廷した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]