公共の男性トイレにおむつ交換台を義務化、米NY州

ニューヨーク州の公共施設に対し、男性トイレへのおむつ交換台設置が義務化された/Shutterstock

ニューヨーク州の公共施設に対し、男性トイレへのおむつ交換台設置が義務化された/Shutterstock

(CNN) 米ニューヨーク州で新たに建設されたり改修された建物に備えられる公共の男女トイレにおむつ交換台の設置を義務付ける州法がこのほど発効した。

対象の建物はレストラン、店舗、映画館に加え、公園や陸運局などの州関連施設。建物の各階にある男女トイレにはおむつ交換台を少なくとも1個置くことが必要となった。また、建物の管理者に至近のおむつ交換台の場所を示す案内表示の設置も命じた。

同州の知事室の声明によると、この種の州法はニューヨーク州で初めて。声明は、両親や乳児の介護者はおむつ替えのため安全で清潔な場所の確保にしばしば苦労していると指摘。「仮にあったとしても女性トイレ内だけに偏っているなどした」と述べた。

1月1日に発効した新法の起草者である州議会の上院議員は声明でおむつ替えするのは母親だけでないとし、父親も歩みを進めこのやっかいな作業をこなす必要があると強調した。同性愛者でもあるこの議員は、おむつ替えで男性が直面する困難さをソーシャルメディア上で訴える父親の1人でもあった。新法発効については、親の新たな規範を認知する上での1歩であると評価した。

米シンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」によると、子育てへの父親の関与は50年前と比べはるかに深まっている。2016年からの米国人の時間消費動向調査によると、父親が子育てに費やす時間は1週間当たり約8時間で1965年比で3倍の水準となった。

オバマ前大統領は2016年、裁判所や郵便局など出入りが自由な連邦政府関連の建物内にある全てのトイレに交換台を設置させる「ベビーズ法」に署名していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]