ダニ媒介の疾患、米で急増 「深刻な脅威」と議会委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国でダニの個体数が増加し、ライム病などダニが媒介する感染症も拡大しているという/CNN

米国でダニの個体数が増加し、ライム病などダニが媒介する感染症も拡大しているという/CNN

(CNN) 米議会のダニ媒介疾患作業部会は14日、議会に報告書を提出し、米国内でダニが激増してライム病などダニが媒介する感染症も急増していると指摘した。「公衆衛生に対する深刻かつ増大する脅威」と位置付け、予防や診断などの対策を促している。

ダニが媒介する疾患は少なくとも20種類が確認されており、中でもライム病は米国で年間推定30万人が感染。一方で、ダニが関係する新しい疾患も相次いで発見されている。

報告書では、「ダニの個体群が増え続け、感染したダニが地理的に広がる中で、人の健康に対する脅威が増大している」と警鐘を鳴らした。

患者の具体的な症例として、ダニにかまれたことが原因で人生が一変した元兵士のルーベン・シムズさんを紹介している。

ベトナム戦争に従軍した経験をもつシムズさんは、1977年に空軍から表彰されるなどの功績を残した。しかし軍がライム病を診断できず、心気症と判断されて1984年に除隊させられた。

「私は30年以上もの間、正しい診断が受けられず、ライム病の治療が受けられなかった」とシムズさんは振り返る。今ではようやくライム病と診断され、適切な治療を受けて症状はなくなったという。「治療を受けられない患者は、私のように何もかも失い、失業したり、身体が不自由になったりして、ホームレスになることもある」と訴える。

ライム病は初期に治療を受ければほとんどが回復するが、20%は症状が持続して、障害を伴うこともある。

患者数は2004年に比べて倍増し、患者数の多い郡の数は、北東部の州で300%以上、中北部の州ではほぼ250%増加している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]