手術中に「踊る」医師、免許停止処分を受け入れ 米南部

ウィンデル・ブッテ医師が医師免許の停止処分を受け入れた

ウィンデル・ブッテ医師が医師免許の停止処分を受け入れた

(CNN) 手術中にメスを片手に歌ったり踊ったりするビデオを公開していた米南部ジョージア州アトランタ近郊の医師が、少なくとも2年半の医師免許停止処分を受け入れたことが1日までにわかった。

ウィンデル・ブッテ医師は州医事当局に認定された皮膚科医だが、免許停止により州内での医療行為はもちろん、医師を名乗ることも禁止される。ただし2年半後以降に停止処分の解除を願い出ることができる。

同医師の広報担当者は、本人が自発的に処分を受け入れ、近い将来には診療を再開できることを望んでいると述べた。

ブッテ医師は手術中に踊る場面など多数の動画をユーチューブに公開していたが、現在は削除している。この行為に対し、多数の患者が術後の後遺症などの被害を訴えていた。

ただ、今回の処分にこうした動画への言及はなく、2014年から今年までに脂肪吸引や脂肪注入、豊胸などの施術を受けた患者7人に対する医療ミスの疑いが指摘されている。

動画の問題はCNN系列局のHLNが報道し、6月6日にブッテ医師本人にインタビューした。同医師は、動画に登場したほとんどの患者が事前に曲を選ぶなどして計画に参加したと語り、完成した動画は教材として使ったとも主張していた。

州医事当局はインタビューの翌日、7人への医療ミスを理由に免許停止を発表。同医師は差し止め命令を求めて裁判所に訴えたが、処分への同意にともなって訴えを取り下げた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]