ホワイトハウス、マケイン氏嘲笑の広報担当者を更迭か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マケイン氏嘲笑の広報担当者を更迭か

(CNN) 闘病中のジョン・マケイン上院議員を笑いものにした発言が明るみに出て批判を浴びていたトランプ政権の広報担当者、ケリー・サドラー特別補佐官が、ひっそりとホワイトハウスを去っていたことが分かった。

ホワイトハウス第一副報道官を務めるシャー副補佐官が5日、声明文で「サドラー氏はもう大統領府に勤務していない」と明言した。

サドラー氏は先月の会議で、悪性脳腫瘍(のうしゅよう)で闘病中のマケイン氏が中央情報局(CIA)長官候補の指名に異議を唱えていたことについて、マケイン氏は「死にかけている」から関係ないなどと語った。

この発言が報じられてひんしゅくを買ったが、ホワイトハウスは沈黙を守り、本人も公の場では謝罪していなかった。

サドラー氏はマケイン氏の娘、メーガンさんには電話で個人的に謝罪した。しかしメーガンさんはその後、同氏が解雇されないことに疑問を投げ掛けていた。

ある政権高官によると、ホワイトハウスではこの2週間、サドラー氏の処遇をめぐる作戦会議が続いていた。ホワイトハウス以外の機関へ転属させる案も出たとされるが、同氏が実際に異動したのか、あるいは政権から完全に去ったのかは明らかでない。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]