米B52爆撃機、南沙諸島付近を飛行か 中国が人工島造成

米当局者によれば、B52爆撃機が南沙諸島近くを飛行した

米当局者によれば、B52爆撃機が南沙諸島近くを飛行した

ワシントン(CNN) 米当局者によると、米空軍の爆撃機が4日、南シナ海で中国が人工島を造成している南沙(スプラトリー)諸島付近を飛行した。

周辺国が領有権を争う南沙諸島では、中国が近年、岩礁を埋め立てて複数の人工島を建設し、一部に軍事施設を設けている。

米国防当局者の話によると、米領グアム島のアンダーセン空軍基地に配備される核搭載可能な戦略爆撃機「B52」が、南沙諸島から約32キロのコースを飛行したとみられる。

これに対して米太平洋空軍の報道官は、B52が同諸島付近を飛行した事実はないと主張した。

国防総省の報道官は、B52が通常の飛行訓練として、アンダーセン基地からインド洋の英領ディエゴガルシア島にある米海軍支援施設に飛行したと説明した。米軍が従来から太平洋地域で爆撃機の配備を維持してきた合法的な作戦の一環だという。

これに先立ち、マティス米国防長官は2日、シンガポールでの演説で、南シナ海での中国の動きを「脅迫や威圧」だと非難。「米国はインド太平洋地域にとどまり続ける」と強調していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]