中学校の教室で銃撃、12歳女子生徒を拘束 米ロサンゼルス

中学校で銃撃、12歳生徒を拘束 米

(CNN) 米ロサンゼルスにある中学校の教室で1日午前、銃撃事件があり、生徒4人が負傷した。当局者によると、12歳の女子生徒が容疑者として拘束された。

負傷者のうち男子生徒1人は頭部に銃弾を浴び、女子生徒1人は手首を撃たれた。医師によると、頭部を撃たれた男子生徒は幸いなことに致命傷は免れ、回復が見込めるという。

残る2人は銃弾でかすり傷を負い、病院で手当てを受けて帰宅した。1日午後現在、4人とも容体は安定している。

ロサンゼルス警察に通報があったのは現地時間の午前8時55分ごろ。現場に急行した警察が銃を発見して押収した。使われたのは半自動小銃だった。

警察は拘束した女子生徒から事情を聴いているが、動機などは明らかにしていない。

学校は安全宣言を出してこの日の授業を続け、事件でショックを受けた生徒にはカウンセリングを受けさせるとともに、保護者や近隣の住民と連絡を取り合っている。

米国では学校での銃撃事件が相次いでいる。1月23日にはケンタッキー州のハイスクールで生徒が16人を銃撃して2人を殺害した。

その前日には、テキサス州で15歳の生徒が銃撃されて負傷し、直後に16歳の容疑者が取り押さえられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]