クリスマスの大雪、ペンシルベニアの街で記録更新

ペンシルベニア州で降雪量の新記録

(CNN) 今年のクリスマスは米国内の広い範囲が大雪や吹雪に見舞われ、見渡す限りの「ホワイトクリスマス」となった。ペンシルベニア州の街エリーでは1日の降雪量が86センチを超え、史上最大記録を更新した。

同市でクリスマス当日に観測された雪の量としては、これまで最大だった20センチの4倍以上。1日の降雪量でも、1956年11月22日に記録した50センチを大幅に上回った。

26日もさらに62センチの雪が降り、2日間の合計が148センチと、州全体の新記録になった。24日の降り始めからの合計は160センチに達した。

湖の沿岸部で細い帯状に大雪が降る「湖水効果」の影響とされる。米気象局によれば、湖水効果は27日午後まで続く見通しだ。

エリー市当局は大雪による非常事態を宣言。市内の道路は通行不能の状態になっているとして、住民らに外出を控えるよう呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]