中国の偵察船、アラスカ沖に展開 THAAD実験を観測か

2017.07.14 Fri posted at 17:01 JST

[PR]

(CNN) 中国の偵察船がこの数日間にわたり米アラスカ沖の公海上を航行していることが14日までに分かった。複数の米当局者がCNNに明かした。中国船が同海域に最初に到着したのは、米軍による高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の迎撃実験が行われる直前だったという。

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)のミラー報道官はこの中国船について、通信もしくは情報収集を担う艦船とみられると指摘。同船がこの数日間にわたりアラスカ沖に展開していることを確認した。

米軍当局者2人がCNNに明かしたところによれば、中国船は現在、アラスカ沖約100マイル(約160キロ)の公海上を航行している。運航方法は合法的で、米国は同船について安全保障上の懸念を持っていないという。

最近アラスカ沖で行われたTHAADの迎撃実験を観測する目的で同海域に展開した可能性もあるが、米国としてこうした意図は確認しようがないとしている。

ただ当局者の1人はCNNに、中国が同海域でこの種の艦船を運航するのは異例だと指摘。THAADの迎撃実験を観測するためと想定するのが合理的だとの見方を示した。

中国は自国のミサイルを標的にしてTHAADが使用される可能性があるとして、かねて米韓両国による朝鮮半島への配備決定に抗議してきた。一方、米韓当局者は同システムについて、北朝鮮から飛来するミサイルの迎撃に使用される見込みだとしている。

メールマガジン

[PR]