大統領報道官の会見時間、トランプ政権で短縮?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年のオバマ政権以降、会見時間は増えていき、ブッシュ政権時の2倍の水準に達した

2012年のオバマ政権以降、会見時間は増えていき、ブッシュ政権時の2倍の水準に達した

ブッシュ政権では初代の報道官を務めたフライシャー氏の会見が一番長く、平均37分。最も短かったのは最後のペリーノ氏で、平均わずか21分だった。

ところがオバマ政権では、最も短いギブズ氏でもフライシャー氏を上回る平均49分。2代目のカーニー氏は同51分、最後のアーネスト氏は同1時間10分近くに達していた。

トランプ政権の会見は前任者と比べるとかなり短くなってはいるが、ブッシュ政権の時代に戻ったとみることもできそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]