63年連れ添った夫婦、同室で20分違いに逝く

2016.08.09 Tue posted at 11:49 JST

[PR]

(CNN) 米サウスダコタ州の老人ホームに入居していた80代の夫婦が、同室で同じ日にわずか20分間隔で亡くなった。遺族は「神のなせる愛と慈しみの業だった」と話している。8日に夫婦の葬儀が同州プラットで営まれる。

ヘンリー・ディラングさん(86)と妻のジャネットさん(87)は63年間連れ添った夫婦だった。アルツハイマー病を患っていたジャネットさんは7月31日午後5時10分、老人ホームの居室で家族が聖書を朗読する中、静かに息を引き取った。

夫のヘンリーさんは前立腺がんで闘病中だった。息子は「お母さんが天国へ行ったよ」と声をかけ、もうこれ以上頑張らなくていい、もしそう望むのならお母さんの所へ行ってもいいから、と声をかけた。

その言葉に安心したかのように、ヘンリーさんは20分後の午後5時30分に亡くなった。家族によると、最期に目を開けて、妻の方を見ていたという。

米国ではテキサス州でもこの夏、58年間連れ添った夫婦が家族に看取られて手を取り合ったまま、数時間間隔で息を引き取っていた。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!