体の性と別のトイレ使用で禁錮刑 米オックスフォード市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体の性と異なるトイレを利用すると刑事罰が科される条例が可決された

体の性と異なるトイレを利用すると刑事罰が科される条例が可決された

(CNN) 米アラバマ州オックスフォード市議会はこのほど、自身の生物学的な性別とは異なる公共トイレを使った市民に対し、6カ月の禁錮刑などを科す条例を可決した。体と心の性が一致しないトランスジェンダーの人々が自身で認識する性のトイレを使用した場合、刑罰を受ける恐れがある。

オックスフォード市議会は今週、市民は自身の生物学的な性別と一致する公共トイレを使わなければならないとする条例を可決。条例に違反した場合、6カ月の禁錮刑もしくは罰金500ドルが科される。ただ、12歳以下の子どもに同伴する大人などについては例外を設けている。

米国の小売り大手ターゲットはこれに先立ち、トンラスジェンダーの従業員や顧客に対し、自身の認識する性のトイレを使うことを許可する方針を打ち出していた。オックスフォード市のロン・アレン法務官によると、同市にもターゲットの店舗があることから、同社の方針について懸念する声が市民から寄せられているという。

条例では、公共トイレを使う人はトイレで異性に出会うとは想定していないと指摘。また、男女別のトイレはのぞきや性的露出、暴行などの犯罪の現場になりやすい危険を抱えているとしている。

条例では「トランスジェンダー」という言葉に言及していない。アレン氏によれば、同市の措置に差別的な意図はなく、ターゲット社が示したような方針が悪用されて暴行に使われるのを防ぐのが狙いだとしている。

一方、性的少数者の権利を推進する「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」は、刑事罰を設けたのは異例だとして条例を批判する声明を出した。

米国では他の都市でも体の性と異なるトイレ利用を刑事罰の対象とする法令が成立しており、トランスジェンダーの人々に影響を及ぼしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]