飲酒運転で樹木に衝突、車体に刺したまま走行し逮捕 米国

前代未聞の飲酒運転取り締まりに

(CNN) 米イリノイ州北東部にあるローゼルの警察は10日までに、飲酒運転で衝突した長さ約4.6メートルの樹木が車前部のボンネット部分に突き刺さったままの状態で走り続けていた運転手を逮捕したと報告した。

地元警察はこの珍奇な事故の現場写真を使い、飲酒運転への警告を狙い、フェイスブックのアカウントで発表。評判を呼んで共有件数は2万件以上に達したが、写真の真偽を疑う声もあったため事故のビデオ映像の公開にも踏み切っていた。

樹木は、エンジンの冷却装置の格子状の部品に突き刺さっていたという。

パトロールカー搭載のビデオ機器が撮影した映像などによると、警官が車線の逆方向を走行する車を見付け、追跡した後、停車を命令。樹木にぶつかった影響からか車内のエアバッグも作動している状態だった。

警察はフェイスブック上で、「これが現実の出来事か信じられない者もいた」とも書き込んだ。

問題の車の運転手は飲酒運転の罪に問われている。

ローゼルはシカゴの近くに位置する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]