米最高裁、全米で同性婚認める

オバマ大統領からの祝福の電話を受ける原告の男性

オバマ大統領からの祝福の電話を受ける原告の男性

一方、反対意見を書いたアントニン・スカリア裁判官は、判決について、「米国の民主主義への脅威」とした。ジョン・ロバーツ長官は、判決は「憲法とは何ら関係がない」とする意見書を書いた。

米国は全国で同性婚を合法化した21番目の国となった。同性婚のカップルは今後、異性婚のカップルと同様の権利を享受できるようになり、公的な書類でも認知される。

判決を受けて、オバマ米大統領は、原告代表を務めたジム・オバーグフェル氏に祝意を表明。またホワイトハウスでの会見でも、小さな行動を積み上げることで「愛は愛であると全米に少しずつ気がつかせた」として、米国人はこの判決を誇りに思うべきだと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]