米、キューバのテロ支援国家指定を解除

米、キューバのテロ支援国家指定を解除 国交正常化へ弾み 

ワシントン(CNN) 米国務省は29日、キューバのテロ支援国家指定を正式に解除した。これにより両国の完全な国交回復に向けた道筋が整った。

オバマ米大統領は4月、国務省での検討を受け、キューバのテロ支援国家指定の解除を連邦議会に通告していた。議会で反対の決議が可能な45日の期間が過ぎ、29日、正式に解除された。

国務省は29日の声明で、「キューバのテロ支援国家指定の解除は、同国が法律上の基準を満たしたとの我々の評価を反映するものだ」と述べる一方、米国は「キューバの政策や行動について、多くの点で重大な懸念と見解の相違を抱えている」ともしている。

キューバがテロ支援国家に指定されたのは、フィデル・カストロ前国家評議会議長が政権の座についていた1982年。南米やアフリカで共産主義のテロ勢力を支援しているとの理由だった。だが、現在の同国のテロとのつながりについては疑問視する声が以前から多く、国務省もテロとの関係は希薄になっているとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]