18歳少女、メールで友人の自殺そそのかした罪で起訴 米

(CNN) 米マサチューセッツ州に住む18歳の少女が、携帯メールで友人の自殺をそそのかした罪で起訴され、公判前審理のため4月に裁判所に出廷する。当局が2月28日に明らかにした。

同州フェアヘブン警察によると、少女は友人だった男性のコンラッド・ロイさん(当時18)の死に関連して2月5日に起訴された。ロイさんは昨年7月13日、自分の車の中で死亡しているのが見つかった。死因は一酸化炭素中毒と見られている。

ロイさんは死亡する前にいったん車から出て少女にメールを送り、自殺について考え直すと伝えた。これに対して少女は、車に戻るよう促していたとされる。

警察がロイさんの携帯電話を調べたところ、少女とやり取りしたメールが何百通も見つかった。多くはロイさんに対して自殺をそそのかす文言が含まれていたという。

検察は、少女が友人を助けることも、家族や学校に通報することもせず、強い影響力を行使して自殺をそそのかしたためにロイさんは自らの命を絶つに至ったと判断した。

これに対して少女側の弁護士は28日、少女は何度もロイさんをなぐさめようとしていたと反論。ロイさんは何カ月も前から自殺を計画していたと主張している。

ロイさんの死後、少女はツイッターに追悼の写真やコメントを投稿し、昨年9月には追悼ソフトボールトーナメントを組織して、精神衛生問題の啓発のために2300ドル(約27万円)の寄付金を集めていた。

少女は2月6日、ソーシャルメディアの利用禁止などを条件に、2500ドルを払って保釈された。公判前審理は4月17日に行われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]