米黒人少年射殺の警官は不起訴 暴動に発展

暴動発生後に抗議者らに立ち向かう警官ら

暴動発生後に抗議者らに立ち向かう警官ら

大陪審12人のうち9人は白人(男性6人、女性3人)、3人は黒人(女性2人、男性1人)だった。

ブラウンさんの遺族は広報担当者を通じ、不起訴の判断に衝撃を受けていると述べ、「私たちは力を合わせてこのような事態を許した制度を正さなければならない」との談話を発表した。

オバマ大統領は、ブラウンさんの死を「大きな変化、前向きな変化」へのきっかけにしなければならないと訴え、「何よりもここは法治国家であり、大陪審が示した判断を受け入れる必要がある」と強調した。

ファーガソンでは大陪審の判断を前に、事件に抗議する住民ら数百人が警察署前に集まり、当局が平静を呼びかけていた。不起訴の判断に対して住民らは怒りの声を上げ、涙ぐんだり警察をののしったりしながら警察署の門扉前に押し寄せたが、重装備の警官隊に阻まれた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]