2年間でクジャク50羽死ぬ、犯人の捜索難航 米

クジャクが街中を歩く様子

米カリフォルニア州ローリング・ヒルズ・エステーツ(CNN) 米カリフォルニア州の高級住宅街でクジャクが殺される事件が相次ぎ、警察が容疑者とみられる56~60歳の白人男の似顔絵を公開して行方を追っている。

同州ロサンゼルス郡のパロスベルデス半島にある高級住宅街。今年7月、メルセデスベンツ車を停めて空気銃でクジャクを撃つ男の姿が目撃された。クジャクが死んだのはこの2年間で50羽目だった。

この街のクジャクは同地を開発したニューヨークの銀行家が1913年に持ち込んだとされる。最初の24羽が繁殖して数が増え、100年たった今では郵便受けから標識の上まで街の至る所にクジャクがいる。

動物虐待防止団体SPCAのシーザー・ペレア氏は、何者かがクジャクに恨みを持って計画的に殺しているとみる。クジャクは車の塗装をつついたり夜間に大声で鳴いたり至る所にふんをしたりして、迷惑に思う住民も少なくない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]