シリア軍事介入に米国民半数が反対、限定攻撃なら支持増加

オバマ大統領はシリア政府が化学兵器を使用したとの見方を示した

オバマ大統領はシリア政府が化学兵器を使用したとの見方を示した

(CNN) 化学兵器使用疑惑が深まるシリアへの軍事介入に米国民の半数が反対していることが最新世論調査で31日までにわかった。武力行使の支持は42%だった。

ただ、軍事介入が化学兵器攻撃に関与した軍部隊や施設のみを狙う巡航ミサイル攻撃に限られた場合、50%が支持、反対は44%との結果も出た。

オバマ大統領は30日、シリアのアサド政権が自国民に化学兵器攻撃を行ったことに疑問はないとする報告書を発表。その上で、限定的な武力行使を容認する考えを示唆した。

NBCの世論調査結果によると、79%がオバマ大統領はシリアへの軍事介入に踏み切る前、連邦議会の同意を得るべきだとした。

回答者5人のうち1人はシリアへの軍事攻撃は米国の国益にかなうとしたが、3分の1は逆の意見だった。この設問では回答者の約半数の考えが固まっていなかった。

米国の軍事介入がシリア情勢にもたらす影響については、27%が同国国民の生活の向上などにつながると回答。10人のうち4人超がこの意見を支持せず、30%はわからないだった。

NBCの調査は8月28~29日、全米の成人700人を対象に電話で実施した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]