ジョン・レノンさん射殺犯からの手紙が競売に NYの元警官が出品

故ジョン・レノンさん

故ジョン・レノンさん

(CNN) 元ビートルズのジョン・レノンさんを殺害した罪で服役中のマーク・デービッド・チャップマン受刑者が自分を逮捕した警官に送っていた手紙が、このほどインターネット上で売りに出された。同受刑者は手紙の中で、警官に敬意と親近感を示していた。

手紙を受け取っていたのは、当時ニューヨーク市警の警官だったスティーブン・スピロさん(66)。レノンさんが殺害された1980年12月8日にチャップマン受刑者を逮捕し、その後数時間一緒にいた。

スピロさんには83年1月から5月にかけ、チャップマン受刑者から計4通の手紙が届いた。どれもタイプされ、本人の署名がある。スピロさんも何度か返事を書いたが、手紙は間もなく途絶えたという。警官として逮捕した相手から手紙が着たのはこの時だけだったと、スピロさんは振り返る。

チャップマン受刑者は手紙の中で、スピロさんに親しみを込めて語りかけ、「ニューヨークで最高の警官だ」と称賛した。また、逮捕時に持っていた本「ライ麦畑でつかまえて」が犯行声明の代わりになると主張し、スピロさんにも読んでほしいと繰り返した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]