米CDC、「極めて高い」感染レベルにスイスなど7カ国・地域を追加

米CDCがスイスなどを感染レベル4の「極めて高い」カテゴリーに追加した/Robert Hradil/Getty Images

米CDCがスイスなどを感染レベル4の「極めて高い」カテゴリーに追加した/Robert Hradil/Getty Images

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は30日、新型コロナウイルスの感染状況を4段階に分類したリストを更新し、感染レベル4の「極めて高い」カテゴリーにスイスや米領グアムなど7カ国・地域を追加した。

レベル4に引き上げられたのは、ほかにアゼルバイジャン、エストニア、北マケドニア、米自治領プエルトリコ、セントルシア。いずれも、これまではレベル3の「高い」カテゴリーだった。

CDCの基準では、直近28日間の感染者が10万人あたり100~500人でレベル3、500人を超えればレベル4に分類される。

スイスでは直近28日間の検査で10万人当たり659人の感染が確認された。29日の時点で、国内の集中治療室(ICU)は病床の3分の1近くが新型ウイルス感染症の患者に使われている。

北マケドニアのワクチン接種率は30日の時点で25%弱。セントルシアでは人口約18万5000人のうち、ワクチン接種を完了した人が15.1%にとどまっている。

この日のリスト更新では、レベル3にも10カ国・地域が追加された。英領バミューダ諸島、カナダ、ドイツ、モルドバがレベル2から上がり、バーレーン、インドネシア、ナミビア、オマーン、ルワンダ、ジンバブエがレベル4から引き下げられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]