コロナ禍で約9兆円減収か、未曽有の規模 世界の航空会社

世界の航空会社は新型コロナ感染拡大による需要低迷で9兆円の減収となる可能性がある/Dan Kitwood/Getty Images

世界の航空会社は新型コロナ感染拡大による需要低迷で9兆円の減収となる可能性がある/Dan Kitwood/Getty Images

(CNN) 世界の定期航空会社で組織する「国際航空運送協会(IATA)」は11日までに、新型コロナウイルスの打撃を受け航空会社が年内に被る減益は840億米ドル(約8兆9880円)に達するとの新たな見通しを示した。

同団体のアレクサンドル・ドジュニアック事務局長が記者会見で述べた。貨物や乗客輸送の需要は来年激増するだろうとしながらも、今年の旅客需要は昨年比で約30%下落すると予測。

世界の航空業界は世界的な金融危機と原油価格の高騰に襲われた2008~09年に310億ドルの減収を記録したとしながらも、今回の新型コロナによる被害額は比較にならないほど未曽有(みぞう)の規模になると指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]