「世界最強のパスポート」、2020年代最初のトップは日本 英コンサル調査

入国可能な国・地域の数が最も少なかったのはアフガニスタンの26。首位とのスコア差は165で、06年に同ランキングの集計を始めて以来最も開いた計算になる。

アフガニスタンに次ぐワースト2位は、28のイラク。以下、29のシリア、32のソマリアとパキスタン、33のイエメンと続く。

ランキング上位10位は以下の通り。

1.日本(191カ国・地域)

2.シンガポール(同190)

3.韓国、ドイツ(同189)

4.イタリア、フィンランド(同188)

5.スペイン、ルクセンブルク、デンマーク(同187)

6.スウェーデン、フランス(同186)

7.スイス、ポルトガル、オランダ、アイルランド、オーストリア(同185)

8.米国、英国、ノルウェー、ギリシャ、ベルギー(同184)

9.ニュージーランド、マルタ、チェコ、カナダ、オーストラリア(同183)

10.スロバキア、リトアニア、ハンガリー(同181)

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]