世界一安全な航空会社は豪カンタス、日航は操縦士飲酒でランク外に

2019年版の航空会社安全度ランキングでオーストラリアのカンタス航空がトップに立った/Courtesy AirlineRatings.com

2019年版の航空会社安全度ランキングでオーストラリアのカンタス航空がトップに立った/Courtesy AirlineRatings.com

(CNN) 航空会社の格付けサイト「AirlineRatings.com」がまとめた2019年版の安全度ランキングで、オーストラリアのカンタス航空が再びトップに立った。一方、操縦士の飲酒問題が発覚した日本航空は、トップ20のランキングから脱落した。

ランキングでは世界の航空会社405社について、政府機関や航空安全当局による監査情報や、墜落などの重大事故に関する記録などをもとに安全度を比較し、星の数でランク付けした。

カンタス航空は2014年から17年にかけて首位を獲得したが、18年のランキングは順位が付けられていなかった。

2019年版も、カンタス以外の19社には順位が付けられなかった。ランク入りしたのはアルファベット順に、ニュージーランド航空、アラスカ航空、全日空、アメリカン航空、オーストリア航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、エミレーツ航空、エバー航空、フィンエアー、ハワイアン航空、KLMオランダ航空、ルフトハンザ航空、カタール航空、スカンジナビア航空、シンガポール航空、スイス航空、ユナイテッド航空、およびヴァージン・グループ傘下の航空会社。いずれも最高の7つ星を獲得した。

日本航空については、「英ヒースロー空港で操縦士の1人から基準値を超えるアルコールが検出されたため、除外された」(同サイト編集長のジェフリー・トーマス氏)

一方、格安航空の安全度ランキングは、フライビー、フロンティア、香港エクスプレス、ジェットブルー、ジェットスター・オーストラリア、ジェットスター・アジアなどに加え、メキシコのボラリスとハンガリーのウィズが新たに加わった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]