米ヨセミテ公園のプロポーズ写真、カップルが名乗り出て判明

撮影されたカップルが名乗り出た/Courtesy Anthony Jones

撮影されたカップルが名乗り出た/Courtesy Anthony Jones

(CNN) 米カリフォルニア州のヨセミテ国立公園で、偶然撮影されたカップルのプロポーズ場面。「この2人を捜して」という写真家の呼び掛けに対し、本人たちがついに名乗り出た。

ミシガン州に住むフリー写真家のマット・ディッペルさんが今月6日、ヨセミテの名所「タフト・ポイント」で、がけの上に立つ女性とひざまずく男性の姿を撮影。帰宅後の17日から写真をソーシャルメディアに投稿し、情報提供を呼び掛けていた。

写っていた2人はチャーリー・ベアさんと婚約者のメリッサさんだった。チャーリーさんがCNNのニュースチャンネル、HLNに語ったところによると、2人は先週、インスタグラムに投稿されたプロポーズ写真に気付いた。

「正直言って、初めは自分たちなのかどうか確信がなかった」と、ベアさんは振り返る。同じ日に撮ったほかの写真と見比べて確認したという。

ディッペルさんも最初は半信半疑だった。自分たちだと申し出るメッセージは、それまでにもたくさん寄せられていたからだ。

ベアさんたちに「証明してほしい」と返信したところ、2人の友人たちが現地で撮った写真のスクリーンショットが送られてきた。本人たちの服装や、表示されている撮影日時がぴったりと一致していた。ディッペルさんは今、現像した写真を2人に渡す手配を進めている。

ベアさんによれば、この場面は2度目のプロポーズだった。今年2月に結婚を申し込んでいたが、改めて記念になることをしたかった。「2度目も最初と同じくらい緊張した。高いがけの上だからなおさらドキドキした」「高所恐怖症だけど、彼女のために乗り越えた感じだ」という。

2人は来年4月、カリフォルニア州マリブで結婚式を挙げる予定だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]