国連の幸福度ランキング トップはノルウェー、日本51位

1位 ノルウェー

1位 ノルウェー

(CNN) 国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク」は20日の「国際幸福デー」に合わせ、世界各国の幸福度に関する2017年版の報告書を発表した。調査対象の155カ国・地域中、幸福度が最も高かった国はノルウェーで、日本は51位だった。

報告書が発表されるのは4年目。これまでにデンマークが3回とスイスが1回、それぞれ首位に立っていた。

ノルウェーは昨年の4位から1位に上昇。デンマークが2位に下がり、3位以下にアイスランド、スイス、フィンランド、オランダと欧州北部の国が並んだ。7位はカナダ、8位はニュージーランドで、オーストラリアとスウェーデンが同率9位だった。

米国は14位、ドイツは16位、英国は19位で、ロシアは49位、中国は79位だった。

151位以下にはルワンダ、シリア、タンザニア、ブルンジが連なり、最下位は中央アフリカだった。

報告書によると、幸福度を測る指標としては1人当たり実質国内総生産(GDP)のほか、他者への寛容さや健康寿命、頼れる相手がいること、人生を選択する自由、汚職のない社会などが挙げられる。

今年の報告書では、1日のうち多くの時間を過ごす職場での幸福度にも焦点を当てた。豊かな国で不幸せと感じる最大の原因は「心の病」と指摘するなど、幸福度のほかの要因についても検討している。

ノルウェーは主要輸出品の石油が値下がりしているにもかかわらず、トップに躍り出た。その背景には将来の世代への投資を重視する政策や、市民相互の信頼感、共通の目的意識などがあるとみられる。報告をまとめた専門家らは世界の指導者に向けて「銃や壁でなく、人を信頼できる社会と健康的な生活を築く時だ」と訴えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]