スパやラウンジ、「ワインの壁」も 世界の空港ホテル10選<上>

2017.02.11 Sat posted at 09:00 JST

[PR]

(CNN) 空港ホテルは、高級感や豪華さよりも、利便性や実用性がクローズアップされることが多い。

しかし、その空港ホテルのイメージが今、変わりつつあるかもしれない。ここ数年、多くの空港ホテルが、客室を刷新したり、リゾート風のアメニティーを導入するなどして顧客獲得に乗り出している。

今回はデイスパやプールサイトのバーを備えたホテルから、ターミナルからわずか数歩の距離にあるホテルまで、世界で最も豪華な空港ホテルを紹介する。

クラウンプラザ・チャンギエアポート

総客室数563室のこのホテルは、シンガポール・チャンギ国際空港の第3ターミナル内にあり、空港ホテルとは思えないほどの豪華さだ。

ジム、スパ、レストランに加え、熱帯雨林風の庭園があるスイミングプールを備えた巨大な中庭まである。

客室にも最先端技術が導入され、人間工学に基づいて作られた家具やブルートゥース・スピーカーを備えたスマートLEDテレビなどが装備されている。

しかし、これでもまだ「規模」や「魅力」の点で物足りないと言わんばかりに、同ホテルは昨年8月、10階建ての新館をオープンし、それまで320室だった客室数に243室が追加された。

メールマガジン

[PR]