ビザ免除国の多いパスポート、ドイツが首位

「渡航の自由」度の比較でドイツが首位に

「渡航の自由」度の比較でドイツが首位に

<本文> ビザ(査証)なしで入国できる国・地域の数に基づいてパスポート(旅券)保持者の「渡航の自由」度を比較したランキングの最新版で、ドイツがトップに立った。

ランキングは英コンサルティング会社のヘンリー・アンド・パートナーズと航空運輸業界団体の国際航空運送協会(IATA)が2006年から毎年発表してきた。

ある国のパスポートを持っている人が、ビザなしで全218カ国・地域のうち何カ国・地域に入れるかをその国のスコアとして、高い国から順位をつけている。

2016年版の結果によると、ドイツのスコアが177でトップ。スウェーデンが176と、前回と同じく2位につけている。

13年版以降連続で首位に名を連ねていた英国は3位に下落。14年版で同率首位、15年版で同2位だった米国は4位にとどまった。

3位にはフィンランド、フランス、イタリア、スペイン、4位にはベルギー、デンマーク、オランダも並んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]