超人求む、世界の過酷なレース8選

ツール・ド・フランスと同じコースを走れる大会も

ツール・ド・フランスと同じコースを走れる大会も

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(フランス、スイス、イタリア)

このレースに出場するには、指定されたレースで完走し、必要なポイントを獲得しなければならない。2015年は出場資格を得るのに3つの指定レースで8ポイント以上を獲得する必要があったが、来年は9ポイント必要になる。

出場者は、フランス東南部シャモニーを出発し、イタリア、スイスにまたがる総距離168キロのコースを46時間以内に走破しなくてはならない。

このレースを甘く見てはいけない。コースは7つの谷、71の氷河、400の山頂など、数々の難関が待ち受ける。

しかし、途中に思わず息をのむような絶景もあり、頑張って出場するだけの価値はある。

2016年の開催日:8月22日~28日

ル・グランド・ツアー(スウェーデン)

9月に開催されるこのレースは、7つのステージで構成され、4人チームで対戦する。

レースでは、トレッキング、ランニング、カヤック、ロープを使った活動など、多くの種目をこなすため、出場者はヘルメット、ハーネス、ウェットスーツ、カヤックを用意する必要がある。

2016年の開催日:未定

レタップ・デュ・ツール(フランス)

レタップ・デュ・ツールは、フランスで毎年7月に開催される世界最大の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」と同じコースをアマチュアが走れるイベントで、1993年に始まった。

2015年は、1万5000人以上のアマチュアが、標高4080メートル、総距離142キロのコースを走った。アルプスの山岳で行われたため、忍耐力と高度なパワーの持続力が要求された。2016年も、同じくらいタフなコースで行われるだろう。

2016年の開催日:7月10日

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]